CATEGORIES
RECOMMEND
仏像 (山溪カラー名鑑)
仏像 (山溪カラー名鑑) (JUGEMレビュー »)
小川 光三
ちょっと値が張るが、めちゃくちゃ充実の仏フォト。全国家庭に一冊。
RECOMMEND
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド)
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド) (JUGEMレビュー »)

その名のとおり全国のローカルな仏まで抑えています。死ぬまでに制覇できるか?
RECOMMEND
仏像の見方ハンドブック
仏像の見方ハンドブック (JUGEMレビュー »)
石井 亜矢子
僕が見仏に目覚めた1冊。いまはトイレに置いて毎日パラパラと。
RECOMMEND
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

仏像の魅力をわかりやすく、カッチョよく、ライトに紹介。仏像カードもタマンナイ!?
RECOMMEND
見仏記
見仏記 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
あー、彼らのように楽しく見仏したいね。いつまでも。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 国宝1号の微笑み/広隆寺(2010GW) | main | 東洋のビーナス/向源寺十一面観音に会いにいく(2010GW) >>
やっぱり東寺でガツンをしたい(2010GW)

「嵐電」の路線図をみると、広隆寺から北にすぐいったところに仁和寺があります。
A-bikeで走ってもすぐに到着できそうなので足を運んでみる。



ニンナジ・・・高校のときに古典の教科書の題材に「仁和寺の和尚」という話があります。

どんな話だったかはすっかりわすれちゃいましたが、とにかく小生は、ニンナジが小さな山寺という固定観念を描いていました。




:仁王像さん。結構イカツイ。



山門奥に広がる伽藍は広い。
金堂には外光を受け金色に光る阿弥陀三尊がとても美しい。

広隆寺でのコンクリートに収められた仏たちを見たあとだけに、なおさら自然に囲まれたお堂のなかでひっそりと座る三体は趣があります。

霊宝館には、入り口に大きな愛染明王がお出迎え。
内部には、いくつかの、書画とともに、国宝阿弥陀三尊が収められています。
小さな像ながら、三体ともふくよかな、拝むものをホッとさせるお顔です。

:霊宝館入り口横の金剛華菩薩。イケメン。


仁和寺ホームページ→


■やっぱり東寺でガツンとしたい


三度目か四度目の東寺さん。

当初の予定では、計画にはなかったのですが、まだ時間に間に合いそうだったのと、初日の見仏がどうにも小ぶりばかりで、「じゃーん!!」というのが欲しかったので、四条堀川まで戻り、一気にA-bikeで南下、東寺へ向かいます。





なんといってもここの立体曼荼羅は有名すぎるほどですが、小生としては、金堂の薬師三尊、その日光菩薩がたまんないです。

手引きの網戸を開け、中に入ると、ただよう香佳と湿気を帯びた木と土がなんともいえない世界に誘います。

本尊薬師さんに挨拶もせず、日光菩薩の正面、壁面の梁に腰掛け、そのままランデブーです。

あーなんとも麗しい、優しい表情。
この薬師三尊は室町時代に再造され、作者は運慶の流れを汲む七条大仏師康正法印ら作ということですが、とにかく威厳があり、美しい。

そしてデカイ。
やっぱりデカイはすばらしい

腰を悩ましげにくねらせ、やさしい微笑みに、ヘロヘロしているうちに居眠りしてしまいました。


:究極の美

結構な充実っぷりのおみやげやを覗くと、やっぱり出た!!人気タレント帝釈天のストラップ。900円は相当悩む価格です。


:特に若いガールズに人気の帝釈天


:こっちは精密帝釈天フィギュア。19,000円。

お土産屋の横には、小さなお堂が2つあり、それぞれ強烈な個性とパワーを放つ”夜叉神”が安置されています。

夜叉神は古代インドの鬼神で仁王のルーツともいわれ、もともとは南大門にいたそうです。
旅人が拝まずにその場を通り過ぎると祟りがあったそうです。
小生もいつも見過ごしていたので今回はお参りしておきます。格子の隙間を覗き込むと、その霊力に身の毛がよだちます。


:この凄まじい霊力を見よ!

そして夜叉神はなぜか歯の神様だそうです。


:夜叉神キシリトール(爆)

東寺のカッコ良すぎるホームページ→
Share |
| - | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenbutu.chan.boo.jp/trackback/1032797
トラックバック