CATEGORIES
RECOMMEND
仏像 (山溪カラー名鑑)
仏像 (山溪カラー名鑑) (JUGEMレビュー »)
小川 光三
ちょっと値が張るが、めちゃくちゃ充実の仏フォト。全国家庭に一冊。
RECOMMEND
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド)
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド) (JUGEMレビュー »)

その名のとおり全国のローカルな仏まで抑えています。死ぬまでに制覇できるか?
RECOMMEND
仏像の見方ハンドブック
仏像の見方ハンドブック (JUGEMレビュー »)
石井 亜矢子
僕が見仏に目覚めた1冊。いまはトイレに置いて毎日パラパラと。
RECOMMEND
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

仏像の魅力をわかりやすく、カッチョよく、ライトに紹介。仏像カードもタマンナイ!?
RECOMMEND
見仏記
見仏記 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
あー、彼らのように楽しく見仏したいね。いつまでも。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 虚空蔵菩薩がやってきた | main | 第四回仏彫教室(11/25) >>
11/23 鎌倉 東慶寺/国宝館/高徳院
3連休、天気もいいのでいざ鎌倉

まずは北鎌倉で降り、東慶寺へ。
予想通り大混雑。
小さい駅のホームには人が溢れかえり改札を出るのも一苦労です。

東慶寺には僕の3大アイドル佛と勝手に決め込んでいる「水月観音」がいる。
拝観は予約が要ると聞いていたので、当日朝電話を入れる。
電話では少し迷惑そうな感じであったか、ともかくお許しが出ました。

さて、混雑する拝観受付で名前を告げると、本堂横の門をあけて中に入るように言われる。もちろん一般の人は入れない。ちょっとVIP感ですw。

中から、若奥さんが出てきて案内をしてくれる。
釈迦如来を本尊とする本堂を抜け、おくの座敷へ。

いたー。

いままでグラビアでしか拝めなかったこのお姿が目の前に!
向かって左には相変わらず意地悪そうな太子二歳像、右には釈迦誕生仏(右を揚げているアレです。)


水月観音

まず名前がいいです。
水辺に坐して、水面に映る月を眺める姿を表しているというが、もとは宋の壁画に描かれた観音様を模して作られたというが詳細は不明。だから国宝でも重文でもないんだけど、風雅な姿とエキゾチックなお顔がたまらないのです。

若奥様いわく「毎月来るお嬢様が電気を消すとまた表情が変わるっていわれています。電気、消してみましょう。」

ほー。

暗くなると顔がグッと引き締まり、緊張感が表れます。玉眼が自然光に光出し、その眼光が格段に鋭くなる。優雅さと威厳が際立つわけです。

1000円をお礼にお供えして退出する。(事前には1人300円と言われましたが、嫁さんと2人分でおつりもなかったので)

中庭にはカフェもあり大賑わいです。

宝蔵館にはもっこりしたヘアスタイルの聖観音菩薩立像(重文)がいます。
そしてここ東慶寺はその昔、縁切寺として有名で、そのシステムの解説が。

縁切寺っていうのは、何も離縁を仏様に祈るって言うんじゃなくて、女性の地位が低い当時に弁護士的に社会機能として存在してたんですね。嫁さんとそんなことを話しつつ鎌倉へ。


:北鎌倉から歩いて5分


:入り口から混んでますねー。


:この門を開けて中へ・・・


:うーん。魅惑的。切れ長の目とふくよかな頬がデボン青木を思わせる。ザッツ・エキゾティック!(絵葉書より)

鶴岡八幡宮境内、休憩所の裏手に国宝館があります。
ここでの目的は、鎌倉周辺の有名仏のいくつかを一気に見ること。
展示室にはいると、中央にスタンディングの薬師仏、左右に日光、月光、そして十二神将がいて、その周囲にいろいろな仏がずらーっと囲む。

注目は、初江王坐像。閻魔大王の部下(?)みたいな冥界の神様。
その力強い作りは鎌倉期らしい。
そして鶴岡八幡由縁弁才天坐像。学問、芸能、戦闘の神にして、水の神さま。以外に大きい。ちょっと怖い。
十二神将は鎌倉期の作とも思えないほど新品みたいに状態が良く、高い写実性と造形美を感じます。1/10スケールでフィギュア化すればマニア垂涎アイテムになることまちがいないですね。

ちょうど鎌倉彫の特別展をやっていました。



さて、散歩しながら長谷へ。
鎌倉の最大にして最高アイドル、鎌倉大仏を見に行きます。

しかし、3連休、晩秋の行楽シーズンとはいえ鎌倉は大人気だなあ。
大仏のある高徳院までのメインストリートは原宿状態。
歩道が狭い上に、どこのお店も人で溢れています。

我々も拝観前に土産屋さんをちぇっく。

大仏というキャラクタを持っているのは強い。
観光地にはどこにでもあるハローキティのストラップ(鎌倉大仏バージョン)と絵葉書と輪投げの景品のようなショボイ大仏置物をゲット。




:250円。このショボサがいいんです。

拝観券売り場からも大仏のお顔は見えています。

3度目くらいの鎌倉大仏。この阿弥陀如来坐像の高さは12.38m、総重量は121トン。さすがにデカイ。
澄みきった空の下に堂々とした姿。

やっぱかっこいいわ。


デカイことはすばらしい。ただそれだけで。

昔は東大寺よりも大きな大仏殿があったというが、空と山の自然に囲まれた現在の配置そのものが最高のお堂だと思う。
体内の入場(?)は今だに20円なんだけど、行列がディズニーランド並みだったのでスルーでした。また次回の楽しみに取って置きます。


:山門の阿形


:こちら吽形


:どーん。本当にかっこよくて美しいな。以下、大仏さんのお姿をしばしお楽しみください。














:お寺を出た後も、振り返れば見送っててくれます。また来るで〜。

■リンク
松岡山東慶寺
鎌倉国宝館
高徳院(鎌倉大仏)

電車+スローサイクリング!見仏に最適!?
僅か重量5.5kg。組み立て20秒!電車だってラクラク持ち込める。
A-bikeは安心サポートのお店で。もちろん本物ですよ。



Share |
| 関東・その他で見仏する | 21:32 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
はじめまして!
日仏会掲示板から来ました、須菩提と申します。
秋の鎌倉…私も先週行ってきた所です。
水月観音にもお会いしてきましたが、電気を消して…という展開はありませんでした!
電気とは、内部から仏像を照らす照明のことですか?
そうだったら今度私も見てみたいものです。
仏像は自然光か堂内に灯された蝋燭の明かりで見るのが一番素敵だし、一番自然ですよね。
仏像彫刻もされているなんて素晴らしい!
こちらの記事も今後楽しみにしていますね、頑張ってください。
| 須菩提 | 2007/12/03 12:02 AM |
>須菩提さん

コメントありがとうございます。
十大弟子の方からコメント頂戴するとは幸せです。(笑)

そうです。水月観音頭上の照明のことです。全然お顔が違うんですよ。まったくビックリ。私などはその妖艶さがまして硬直しました。
次回は是非お願いしてみてください。

仏童・・・楽しみですねw。

今後ともよろしくです!
| ちゃんぶー | 2007/12/03 8:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenbutu.chan.boo.jp/trackback/747659
トラックバック