CATEGORIES
RECOMMEND
仏像 (山溪カラー名鑑)
仏像 (山溪カラー名鑑) (JUGEMレビュー »)
小川 光三
ちょっと値が張るが、めちゃくちゃ充実の仏フォト。全国家庭に一冊。
RECOMMEND
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド)
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド) (JUGEMレビュー »)

その名のとおり全国のローカルな仏まで抑えています。死ぬまでに制覇できるか?
RECOMMEND
仏像の見方ハンドブック
仏像の見方ハンドブック (JUGEMレビュー »)
石井 亜矢子
僕が見仏に目覚めた1冊。いまはトイレに置いて毎日パラパラと。
RECOMMEND
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

仏像の魅力をわかりやすく、カッチョよく、ライトに紹介。仏像カードもタマンナイ!?
RECOMMEND
見仏記
見仏記 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
あー、彼らのように楽しく見仏したいね。いつまでも。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ファンキーな地方仏に出会う「平泉〜みちのく浄土〜特別展」(世田谷美術館) | main | 大人気!国宝阿修羅展(東京国立博物館) >>
第三十三回・三十四回仏彫教室
お手本を参考にガシガシ彫ります。

まずは鉛筆で指をバランスよく分け、
外側から親指、人差し指、小指を先に掘り進めます。



前後左右、指の重なりを確認して、バランスを見ながら、
中指と薬指を掘り出します。

全体が見えてきたら、あとは関節を意識して手本どおりに
指を細めていきます。





木の順目と逆目が交互になっているので、
刃の運びを表面の感触で確かめながら、上下を頻繁に
ひっくりかえしながらです。





どうでしょうか。
指の曲線がちょっと残念。
まあこれは次回の課題ってことで。

あとは、丁寧に面を細かくして丸みをつけていきます。
この作業が、苦手なのです。




教室帰り、昨日オープンした奈良まほろば館を覗きに日本橋で下車。

駅を出ると大勢の人だかり。

交通事故でもあったのかと近寄ると、せんとくんファミリーが踊っていました。





ははぁ・・なかなか派手なオープニングです。

で、ショップは三越本店のド真ん前。



なかは比較的すいています。

若干のせんとグッズ(ライセンスが厳しいのかせんとくんグッズはショボイ物が多い)と奈良のこれまた地味目な物産が並んでいます。

インフォメーションでチラシをみると、イベント告知が。

講演会「興福寺仏像の聞いてびっくり話」!

大好評開催中の「国宝阿修羅展」(東京国立博物館)に関連して、研究室スタッフが、まほろば館開館にそれぞれの模刻作品を持ち込んで、講演会を行うとあります。

開始まであと3分。

衝動的に会場へすべりこみました。

内容は、東京藝術大学保存修復彫刻研究室の若手講師2名による講演でした。

「聞いてびっくり話」というキャッチーなお題目に似合わず、内容はかなり専門的な研究発表でした。
興福寺の竜燈鬼のダイナミックなポーズは、はじめに立像として作り、動きを出すために、後から胴体をぶった切り、ナナメに傾けたのではないか?という説を模刻の工程で発見したという話や、脱活乾漆(だつかつかんしつ)技法解説と伝播し衰退するまでの話など、専門的過ぎてウカツニモ瞬間的に寝てしまう始末(笑)

学問的な視点から仏像を見るもの興味深いし、こういう職業があって、自分と同年代の若手が活躍してことも、勝手ながら嬉しいです。





講演テーマ:
・「慶派仏像の胴継ぎ構造について」当研究室非常勤講師 益田芳樹氏
・「天平時代における脱活乾漆造りについて」当研究室教育研究助手 菊池敏正氏


こんなイベントもあるそうです。
受託研究成果報告内覧会

4月9日(木)〜12日(日)に、当研究室の2008年度に行って「受託研究成果報告内覧会」を行います。10体におよぶ修復物件、新制作物件を一挙に展示します。

場所:東京藝術大学美術学部 中央棟地下1階 保存修復彫刻研究室
期間:2009年4月9日(木)〜12日(日)
時間:9:30〜16:30
 
東京藝術大学保存修復彫刻研究室HP

このサイトの「Online Lecture」は充実していて、なかりマニアックだけどオモローです。

さて、何か戦利品はと・・・クリアファイルを買って帰りました。
せんとくんフィギュア、2000円台で出せは絶対売れるのに・・・
頼みます!藪内先生!



■もういっちょイベント
籔内 佐斗司 彫刻展−こころのかたち−
三越本店6階アートスクエア(4月15日(水)〜21日(火))


Share |
| 仏像を彫刻する | 23:35 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
はじめまして
素敵なブログですね。
私も、仏像などのありがたさも感じるようになってきています。
応援ぽち!
| 骨董品 / 骨董市ネットギャラリー | 2009/04/06 6:31 PM |
コメントありがとうございます。
九谷焼、ほしいです。
仏像関連の古美術は扱われていないのですか?
| ちゃんぶー | 2009/04/06 10:02 PM |
せんとくんはイラストならカワイイのに、着ぐるみやファミリーはなんであんなにリアルすぎるのだろうか…(チョイ疑問)

先日私は奈良へ仏像初心者連れて見仏に行ってまいりましたが、せんとくんグッズ&まんとくんグッズはお土産屋さんにありましたが、「第三の奈良ゆるキャラ」の「なーむくん」グッズが殆んどありませんでした。

それと竜燈鬼の話、大変気になりますね〜
そういう講演会、私の住む所でもやってほしい…
| お気楽人 | 2009/04/06 10:54 PM |
お気楽人さん

どうもです。
ですよね。マスコットキャラという範疇を超越しちゃってます。3次元はやはり薮内先生の指導が厳しいんじゃ??

「ならっきー」グッズも気になるところです。
| ちゃんぶー | 2009/04/07 6:10 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenbutu.chan.boo.jp/trackback/943674
トラックバック